VALORANTでのチート対策

VALORANTではゲーム内でのチート行為防止および対策のため、様々なアプローチを取っています。

Vanguard

ソフトウェアチートをブロックし、ハードウェアチートを検知するために常に稼働しているチート対策およびセキュリティーソフトウェアです。 

アカウント停止とペナルティー

ゲーム内で不当な優位性を与えるオートクリッカーやエイムボット、不正なハードウェアまたはソフトウェアを使用してチート行為を行ったプレイヤーのアカウントは永久BAN(利用停止処分)となります。 

チート利用者と組んで試合に参加したプレイヤーは180日間ゲームへのアクセスが禁止されます。  

チートの利用が疑われるプレイヤーを通報する際は、試合中または試合後にゲーム内で通報するのが最善の方法です。

脆弱性のある古いバージョンのWindowsのサポート終了に関して

Microsoft含む世界の大多数が、すでに古いOSから新しいOSへと移行しています。Windows 7、8、8.1、そして一部の古いバージョンのWindows 10はMicrosoftによるサポートも終了しています。そのため、VALORANTの安全を守るセキュリティーの一部をチート利用者が掻い潜ることが可能になってしまっています。非推奨で脆弱性のあるインフラストラクチャーへの対応は、開発に使える時間も圧迫するので、VALORANTやVanguardの技術のためにより有益な部分にチームの熱意を注げるよう、古いシステムの対応終了を決定しました。 

Riot Vanguardによる警告と通知

該当する古いバージョンのWindowsを使用中の場合、互換性のあるバージョンにアップグレードするまで以下の通知が送られます。

Riot-Vanguard-system-tray.pngVAN9006:このバージョンのVanguardにはWindows 20H1以降が必要なため、正しく機能しない場合があります

Windows 7/8/8.1

これらのバージョンのWindowsは日本時間2023年3月15日よりサポート対象外となります。

アップグレード方法についてはhttps://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10をご覧ください。 

Windows 10(バージョン 1909およびそれ以前のもの)

以下に記載する古いバージョンのWindows 10(19H2以前)は、日本時間2023年12月2日にサポートを終了します。

バージョン コードネーム ビルド
1803 Redstone 4 17134
1809 Redstone 5 17763
1903 19H1 18362
1909 19H2 18363

以下に記載する古いバージョンのWindows 10(Redstone 3以前)は、日本時間2022年11月29日にサポートを終了しました。 

バージョン コードネーム ビルド
1507 Threshold 10240
1511 Threshold 2 10586
1607 Redstone 14393
1703 Redstone 2 15063
1709 Redstone 3 16299

詳細はWindows 10のバージョン履歴(Wikipedia)をご確認ください。

使用中のWindows 10のバージョンナンバーを確認する方法

Windows 10のアップデート方法 

この記事は役に立ちましたか?

お探しのテーマが見つかりませんか?

技術的な問題からアカウントの問題まで、サポートいたします! お問い合わせください!サポートからできるだけ早くお返事いたします。

/ お問い合わせ
Powered by Zendesk