エラーコード 61 - VALORANTにおけるアカウント停止処分

VALORANTにおいて勝利への道を切り開くカギは、コミュニケーションとチームワークです。ですから、エージェントの皆さんがボイスチャットやテキストチャットを使う際は、相手への敬意と礼儀を持ってコミュニケーションしてほしいと思います。また、言うまでもないことですが、不正や卑劣な行動を認めるわけにもいきません。「エラーコード 61」はアカウント停止処分を受けている旨を知らせるもので、これを受け取ったということは、あなたの行動がエージェントに求められる振る舞いから逸脱していた可能性があります。考えられる原因は、チャットに関連した違反、チャージバック、詐欺行為など多岐にわたります。また、72時間のテキストチャットおよびボイスチャット利用制限を繰り返し受けている場合にも起こり得ます。まだまだ不明な点が多いと思いますので、順に詳細をご説明していきます。これらを読んだうえで納得していただき、今後のあなたの行動が改善されることを願っています。

何が原因で停止処分を受けたのでしょうか?

原因としては、VALORANTの初回起動時に同意した「VALORANT コミュニティー行動規範」への度重なるまたは深刻な違反、あるいは迷惑行為や有害なプログラムの使用などが考えられます。テキストチャットやボイスチャットによる敵または味方への執拗な嫌がらせ、ヘイトスピーチ、性差別、人種差別、現実世界での暴力を示唆するような脅し、敵チームへのアシストなどの試合を台無しにするような行為といった違反に対しては厳しい措置が取られます。なお、上記は一例であり、該当する違反行為がこれらに限定されるわけではありません。また、スクリプティング、詐欺行為、チャージバックもアカウント停止処分の対象になります。

アカウント停止処分の期間はどのくらいですか?

度を越えた悪質な行為に対しては、永久停止処分が適用されます。比較的軽度な違反に対しては、72時間のテキストチャットおよびボイスチャットへの利用制限を設け、その間プレイヤーはボイスチャットとテキストチャットを使用できなくなります(ゲーム自体をプレイすることは可能です)。軽度であっても違反を繰り返した場合はアカウント停止処分の対象になり、これを受けるとVALORANTをプレイすることはできなくなります。正しい振る舞いがエージェントにとっていかに重要かは、これまでにお伝えした通りです。

でも、本当に何もしていないんです!

違反と見なされるような行動に全く心当たりがない場合は、このページ下部にあるお問い合わせボタンからプレイヤーサポートまでご連絡ください。




この記事は役に立ちましたか?

お探しのテーマが見つかりませんか?

技術的な問題からティルトまで、サポートいたします! お問い合わせください!ポロが内容を食べてしまわない限り、サポートからできるだけ早くお返事いたします。

/ お問い合わせ
Powered by Zendesk