VALORANT - コンペティティブモードFAQ

すべてをかけて戦場に身を投じるより刺激的なことがあるとすれば、それは一体何でしょう?もちろん、すべてをかけて他のエージェントと競い合うことです。VALORANTのコンペティティブモードが少しアップグレードされたので、来るべき戦いに備えてしっかりと準備を整えておきましょう。この記事では皆さんが知りたいであろう情報をFAQ形式でご紹介いたします。

コンペティティブモードをプレイするには何が必要ですか?

basic_ranked_infographic.png

初心者エージェントをいきなり戦場に送り込むわけにもいきません。Episode 4 Act Iから、コンペティティブモードに参加するためには、アカウントレベル20以上が必須条件になります。もしアカウントレベル20以下でも、Episode 4より前に1回でもランクマッチをプレイしたことがある場合は、今まで通りコンペティティブに参加できます。

注意

Episode 4より前は、アンレートの試合に10回勝利することでコンペティティブモードに参加できましたが、これからは上記のアカウントレベルに到達することでのみ、コンペティティブモードに参加することができます。

「ランク」と「Actランク」の違いは何ですか?

皆さんのようなエージェントにとって大事なのは、競争心を維持することです。そこで私たちは、プレイヤーの技術を測る方法を複数ご用意しました。

まずランクについてですが、これはすでにVALORANTをある程度プレイされている方にとってはお馴染みの要素でしょう。対戦を通じてプレイヤーの技量とランクを正確に割り出す、というものです。そしてこのランクは、タブメニューやスコアボードの概要から、パーティー全員に見えるようになっています。

ranks_only.png

ランクの種類:アイアン、ブロンズ、シルバー、ゴールド、プラチナ、ダイヤモンド、アセンダント、イモータル、そしてレディアント。レディアントを除いて、各ランクには3段階のティアが存在します。ティアの数字が大きいほど、ランク内で上位にいることになります。さらにこのランクは、Actランクの上昇にも直接的に関わってきます。

ActランクはActの全期間を通したあなたの腕前を評価するもので、最高到達ランクでの勝利によって決まります。「勝利によって証明された実力」という意味合いから、これをプルーブンスキルと呼びます。

Actランクについてもっと詳しく知りたいですか?ActランクとEpisode報酬の記事から、Actランクに関して知っておきたいことをすべて確認できます。

「ランクレーティング」とはなんですか?

ランクレーティング(略称はRR)とは、プレイヤーの進行状況を可視化したものです。アイアンからアセンダント帯と、イモータルからレディアントの間でランクレーティングの仕組みは異なります。それぞれの詳細につきましては、以下のリンクをご確認ください。

アイアンからアセンダントのランクレーティング(RR)

イモータルからレディアントのランクレーティング(RR)

ゲームをプレイしないでいると、ランクは下がりますか?

いいえ!ランクが下がることはありません。

ただし、イモータルとレディアントの場合、リーダーボードの順位が下がることはあります。この場合もランクが下がることはなく、リーダーボード上の順位のみが推移します。

フレンドと一緒にコンペティティブモードをプレイできますか?

はい!振り分け戦において、フレンドとプレイスキルに差があっても、一緒にマッチメイキングを行えるようになりました。ただし、ある程度の限界はあります。2人または3人のチームでプレイする場合、特定のランク範囲内のフレンドとのみランク戦に参加できます。人数ごとのブースト量は以下のとおりです:

パーティーの制限

2人または3人パーティーの場合、一定のランク差の制限内で対戦が可能です:

パーティー内の最低ランク パーティー内の最高ランク
アイアンおよびブロンズ シルバー
シルバー ゴールド
ゴールド プラチナ
プラチナ、アセンダント、イモータル、レディアント 上限は1ティア上まで
(例:プラチナ2は最高でダイヤモンド2までのプレイヤーと参加可能)

5人パーティーの場合はランク制限がありませんので、上記のチャートは無視してください。ただし、アイアン~アセンダントのプレイヤーによる5人パーティーは、通常のパーティーの制限から外れたプレイヤーがいる場合にはRRのペナルティーを科されます。(例えば、シルバーとゴールドのプレイヤーだけの5人パーティーはRRペナルティーを受けません。ただし、シルバー、ゴールド、アセンダントのプレイヤーからなる5人パーティーはRRペナルティーを受けます。)

プリメイドのチームに人数制限はありますか?

3人以下のチームは、上記のスキル格差に関する条件を満たす必要があります。4人のチームは許可されません。これは、残ったソロキュープレイヤー1人のプレイ体験が比較的好ましくないものになる傾向があるためです。

イモータル1以上のプレイヤーはソロ、デュオ、5人のプリメイドのみに参加可能です。

5人パーティーで対戦待ちする場合はどうなりますか?

前述のとおり、5人パーティーはランク制限なしに組むことが可能です。つまり、自分のスキルレベルに関係なく4人のフレンドとプレイすることができます。5人パーティーで一緒に対戦待ちをしてプレイする限り、例えばアイアン3人とダイヤモンド2人でチームを組むことも可能です。

ただし、チームメンバーのランク差を考慮し、ルール設定に調整を施しています。

  • 5人パーティーの全員がアセンダント3以下で、パーティー制限の範囲から外れたプレイヤーがいる場合、チームには25%のRR低減が適用されます。
  • メンバーに1人でもイモータル1~3のプレイヤーがいる場合、チームには25%のRR低減ペナルティーが科されます。
  • メンバーに1人でもレディアントがいる場合、RR低減は最低で75%となり、メンバー全員に適用されます。レディアント未満のメンバーがいる場合、RR低減は90%になります。

コンペティティブにおける5人パーティーの対戦待ちに関する詳細は、VALORANT パッチノート 3.10およびVALORANT パッチノート 5.0をご覧ください。

注意

一般的に5人パーティーの場合、別の5人パーティーとのみマッチメイキングするため、対戦待ち時間が長くなることが予想されます。

この記事は役に立ちましたか?

お探しのテーマが見つかりませんか?

技術的な問題からアカウントの問題まで、サポートいたします! お問い合わせください!サポートからできるだけ早くお返事いたします。

/ お問い合わせ
Powered by Zendesk